Home FAQ
  • ▸ ToFセンサとは

    (Time-of-Flight Cameraの略称、読み方は「トフセンサ」)光の飛行時間を利用して3D情報計測用センサで、解像度はHQVGAとVGA等あります。SiNGRAYのRシリーズカメラにはSONY製ToFセンサがついてあります。

  • ▸ V-SLAMとは

    (Visual SLAMの略称、SLAMは「Simultaneous Localization and Mapping」の意味)画像情報を利用して自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術です。本技術で、屋内など高精度GPS信号が届かない状況でもロボットの自律走行が実現できます。

  • ▸ 機器学習とは

    機械学習(Machine learning、略称:ML)は、明示的な指示を用いることなく、その代わりにパターンと推論に依存して、特定の課題を効率的に実行するためにコンピュータシステムが使用するアルゴリズムおよび統計モデルの科学研究であります。

  • ▸ ディープラーニング(深層学習)とは

    ディープラーニング(Deep learning)または深層学習とは、(狭義には4層以上の)多層の人工ニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、英:deep neural network;DNN)による機械学習手法である。

  • ▸ ディープラーニングのトレーニングと推論とは

    ディープラーニングの各層パラメータを推定するために、あらかじめ真値を付けた先験がデータサンプルを試行的に学習させ最適化する過程はトレーニングといいます。また、トレーニングした各層パラメータやネットワーク構造はディープラーニングの推論と言います。

  • ▸ エッジコンピューティングとは

    エッジコンピューティングとは、エッジ処理とも呼ばれ、「端末の近くにサーバを分散配置する」ネットワーク技法のひとつを意味します。ユーザや端末の近くでデータ処理することで、上位システムへの負荷や通信遅延を解消します。

  • ▸ 組み込みシステムとは

    組み込みシステム(embedded system)とは、特定の機能を実現するために家電製品や機械等に組み込まれるコンピュータシステムのこと。

  • ▸ CNNとは

    機械学習において、畳み込みニューラルネットワーク(たたみこみニューラルネットワーク、英: Convolutional neural network、略称:CNNまたはConvNet)は、 順伝播型 (英語版) 人工ディープニューラルネットワークの一種である。 画像や動画認識に広く使われているモデルであります。

  • ▸ AIカメラとは何ですか、AIカメラと他のカメラの違いは何ですか

    AIカメラはディープラーニング(深層学習)推論をカメラ内部で処理できるスマートカメラの一種です。普通のカメラとの違いと言えば、カメラ自体が画像入力からディープラーニングの処理まで一体化するスマートカメラです。SiNGRAYのIシリーズとRシリーズはAIスマートカメラです。

  • ▸ 環境温度範囲

    動作時 : 0~50°C;保存時 : -20~65°C( ただし、結露しないこと)

  • ▸ カメラのIPアドレスとファームウェアはどうやって確認するのでしょうか

    SiNGRAYカメラのデフォルトIPアドレスは10.0.0.2と設定されています。必要なら【EasyGPT】メニュー⇒Camera Setup⇒EasyConnectアプリケーションでカメラのIPアドレスを変更できます。

    SiNGRAYカメラの電源をONにしたら、HDMI出力からWelcomeメニュー画面が出ます。一番上のボタン【Read Firmware】をクリックしたら、カメラ本体のファームウェアバージョンが表示されます。

  • ▸  人認識で使用可能ですか

    人認識に関する深層学習ネットワークには現在弊社が提供しているSiNGRAYNETに入っておりません。

    顔認証に有名なCNNネットワークが数多く、例えばGoogle社のFacenetなど、お客様がご自分でトレーニングした推論をSiNGRAYカメラ用フォーマットに変換して使えます。

  • ▸ CマウントとCSマウントの違いは何でしょうか

    CマウントとCSマウントではフランジバックの長さが5mm異なるだけですので、この5mmを補うための中間リング(レンズマウントアダプター)を間に挟むことでCSマウントのレンズをCマウントのカメラに装着することが可能となります。

  • ▸ カメラのメモリの容量

    SiNGRAYカメラは2GBのDDR4メモリを搭載しています。また、外部データを保存するeMMC空間は6GB強のスペースが空けています。

  • ▸ 外部記録メディア

    SiNGRAYカメラはMicroSDカード等の外部記録メディアをサポートします。

  • ▸ カメラは安全認証の規格を何か取得していますか

    現在FCC/CE認証中です。SiNGRAYカメラは量産となる際にお客様のニーズに合わせてカスタマイズ開発が多いと思いますので、現在販売中のサンプルは参考設計で位置づけたらいいかと思います。そのため、将来お客様のニーズに合わせてカスタマイズ製品を各種基準の認証を受けたら良いかと思います。

  • ▸ OS対応

    現時点では、SiNGRAYカメラのSDKソフトウェアEasyAIはWindows10のみをサポートしております。32ビット版と64ビット版両方サポートします。

  • ▸ ソフトウェアのアップデート

    SiNGRAYカメラのSDKソフトウェアEasyAIをSiNGRAYオーナーズサイトからダウンロードしてから、古いバージョンのソフトウェアをUninstallしてから、新しいバージョンのソフトウェアをインストールします。

  • ▸ カメラ本体のファームウェアのアップデート方法

    現時点では、SiNGRAYカメラのファームウェア更新は弊社で代行します。お客様は代理店様通して、または弊社info@hms-global.comにご連絡ください。

  • ▸ GPTの開発イメージを知りたいのです。資料はありますか

    GPTの開発レクチャーは先週からやりつつあり、一通りの演習教材も準備しつつあります。

    近日中にSiNGRAYオーナーズサイトで教材とサンプルをバージョンアップする予定です。

お知らせ

確認