Home基礎知識関連
  • ▸ ToFセンサとは

    (Time-of-Flight Cameraの略称、読み方は「トフセンサ」)光の飛行時間を利用して3D情報計測用センサで、解像度はHQVGAとVGA等あります。SiNGRAYのRシリーズカメラにはSONY製ToFセンサがついてあります。

  • ▸ V-SLAMとは

    (Visual SLAMの略称、SLAMは「Simultaneous Localization and Mapping」の意味)画像情報を利用して自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術です。本技術で、屋内など高精度GPS信号が届かない状況でもロボットの自律走行が実現できます。

  • ▸ 機器学習とは

    機械学習(Machine learning、略称:ML)は、明示的な指示を用いることなく、その代わりにパターンと推論に依存して、特定の課題を効率的に実行するためにコンピュータシステムが使用するアルゴリズムおよび統計モデルの科学研究であります。

  • ▸ ディープラーニング(深層学習)とは

    ディープラーニング(Deep learning)または深層学習とは、(狭義には4層以上の)多層の人工ニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、英:deep neural network;DNN)による機械学習手法である。

  • ▸ ディープラーニングのトレーニングと推論とは

    ディープラーニングの各層パラメータを推定するために、あらかじめ真値を付けた先験がデータサンプルを試行的に学習させ最適化する過程はトレーニングといいます。また、トレーニングした各層パラメータやネットワーク構造はディープラーニングの推論と言います。

  • ▸ エッジコンピューティングとは

    エッジコンピューティングとは、エッジ処理とも呼ばれ、「端末の近くにサーバを分散配置する」ネットワーク技法のひとつを意味します。ユーザや端末の近くでデータ処理することで、上位システムへの負荷や通信遅延を解消します。

  • ▸ 組み込みシステムとは

    組み込みシステム(embedded system)とは、特定の機能を実現するために家電製品や機械等に組み込まれるコンピュータシステムのこと。

  • ▸ CNNとは

    機械学習において、畳み込みニューラルネットワーク(たたみこみニューラルネットワーク、英: Convolutional neural network、略称:CNNまたはConvNet)は、 順伝播型 (英語版) 人工ディープニューラルネットワークの一種である。 画像や動画認識に広く使われているモデルであります。

お知らせ

確認